バーテンダー教材の概要をご覧下さい

バーテンダースクールFIZZの「老舗BAR教材」DVDの動画を、数箇所、画像にして掲載

バーテンダーやバー開業を目指す前に、失敗する「2つの原因」を知っていますか?

バーテンダーやバー開業に必要なのは見習などの現場経験で、体系的に学ぶ必要はないと思っている方、間違いです。

バーテンダースクールに通うより、老舗バー教材が選ばれる「5つのメリット」とは?

普通のバーテンダースクールへ通うよりも、メリットが大きいからこそ、46県に普及し、多くの経営者も活用中なのです。

姉妹サイト「バーテンダーとカクテルの老舗BAR講座」では、より無料講座も充実!

バーテンダーやカクテルの講座が充実した「バーテンダーとカクテルの老舗BAR講座」をご覧下さい→

「バーテンダースクールFIZZ」教材に関する、ブログ記事から抜粋

バーテンダースクールFIZZの教材「バー開業バイブル」とは?

バー開業バイブル・上級編「第41章・第1節」のブログ記事をどうぞ。

第41章 「有名リキュール」と銘柄について(2)

第1節 「薬草・香草系リキュール」

さて、ここでは、リキュールの原点、薬草・香草系のリキュールについてです。

お酒が、薬用酒という意味をもっていた時代に、薬草や香草をつけこんで作ろうと思ったのは当たり前の事ですね。リキュールの原点にも、必然的な成り行きがあったわけです。

薬草や香草をベースにしたリキュールというと、あまり美味しくないイメージかもしれませんが、そんな事はありません。

例えば、最もイメージしやすい例としては、紅茶のリキュールなどがあります。紅茶と言えば、当然、○○○○○の銘柄が有名ですよね。デパ地下などで、よく販売されています。リキュールにも、その銘柄のものがあるのです。

こうした有名銘柄を、いろいろ解説しています。

お酒について、その時代の流れを頭に入れておくと、オリジナルのカクテルを作成するときに役立ちます。

薬草・香草系のリキュールが、当初、どういう意味をもっていたか?これを考えれば、カクテルを作成する場合に、どのように、扱うべきか、自然と、答えがでてきます。

もちろん、特殊な扱い方をする場合もありますが、やはり、基本的な扱い方を心得ておくべきでしょう。

そして、なぜ、そうした扱い方をすべきなのか?その意味を理解したうえで、扱うべきなのです。

そして、その意味を理解するために、さまざまな学習をする必要があるわけです。単なるカクテルレシピの暗記には、意味がありません。

バーテンダースクール・FIZZについて

バーテンダースクール・FIZZ教材内容

バーテンダースクール・FIZZ教材購入

バーテンダースクール・FIZZ関連サイト

バーテンダースクール・FIZZその他

バーテンダースクールFIZZは、「W3C」準拠・世界標準Webサイトです。

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!