バー開業教材は、たっぷり、18時間の動画で、バー開業レベルまで、自宅で学べます。

教材の全体像を
最初にご覧下さい

姉妹サイト「老舗BARのバーテンダー講座」では、より無料講座も充実!

バーテンダーやカクテルの講座が充実した「老舗BARのバー開業とバーテンダー講座」をご覧下さい→

「バーテンダースクールFIZZ」教材に関する、ブログ記事から抜粋

バーテンダースクールFIZZの教材「バー開業バイブル」とは?

バー開業バイブル・上級編「第44章・第3節」のブログ記事をどうぞ。

第44章 その他のカクテル・ベースについて

第3節 「中国酒」について

さて、猛烈な勢いで、駆け上がった「中国」。その経済成長は、ぼつぼつ、陰りも、見え隠れしつつありますが・・・

最も、中国酒にふれる機会が多いのは、中華料理店ですかね?紹興酒を召し上がった方も多いのでは。他にも、さまざまなお酒が、あります。今後、「食の分野」で、もっと、信頼度が増せば、日本のバーでも、もっと、普及するかもしれません。

あるいは、中国の富裕層の観光客相手に、普及するようになるのかも?

最近、「バー開業バイブル」の教材も、中国人と思われる方の購入も、ちらほら、あるようになってきました。

日本人特有の「カクテル」に対する、こだわりを、どのように理解して頂けるか?分かりませんが、少なくとも、日本で開業される限りは、日本人の味覚にあう「カクテル」の作り方を、身につけて頂ければと願っています。

国によって、味覚に対する感じ方は、随分違うはず。もちろん、外人の多いバーでは、世界標準で考えなければなりませんが、通常は、海外の有名カクテルレシピやカクテル教本よりも、日本人に合わせるカクテルの作り方を、考慮すべきだと思います。

レシピまかせではなく、レシピを自分で咀嚼・分解し、自分なりの解釈で、さらに、お客様、それぞれにあわせたカクテル、さらに、徹底した、究極・至高の一杯を求めて・・・本来は、そんなところまで、突き詰める事ができる国柄だと思っています。

ただ、それに見合う社会環境が整っているか?そうでないなら、見合う顧客層のいらして頂けるポジションでない限り、こうした究極を追い求めるのは、経営的に、通常無理です。

特に、今の時代は、一般的には、こうした環境にない事は、自明の理です。

それでも、経営を考慮したうえで、価格以上のカクテルを提供する知識・技術は、身につけておくべきだと思います。

最高を知ってこそ、価値と価格のバランスを見ることができるわけで、そこに、経営という視点を加えることができるようになるのです。

ただ、マニアになり、究極だけを追い求める事は、バーを経営するという点では、あきらかに、無理がきます。なぜなら、それが究極である事を、理解できるお客様が必要で、そうしたお客様だけで、経営を成立させるには、かなり高額な金額を頂かないとならなくなります。

だからといって、高額な金額を支払うことだけに、価値を見出されるお客様では、意味がありません。

こうした事を、高級店だったころに、つくづく感じていました。高額なお酒を召し上がる事ができる人が、その価値を知っているわけではありません。

しかし、店を愛して下さっているのは事実。ですから、そのお客様に、価格以上のカクテルを提供する事。これが、バー経営における、カクテルの作り方の基準のように思います。

だからこそ、私は、さまざまなバーを経営なさっていらっしゃる方を、心から、応援できますし、理解できます。

オーセンティック・バーだけが、バーだとは思っていません。

もちろん、私の考え方ですので、他の考え方もあると思います。そこに、議論の発生する余地はありません。


今回は、何だか、脱線しすぎて、だらだらと書いてしまいました。収集のつかなくなる前に、終了します。若輩者の、たわごとです。

どうぞ、本日の記事に対する、ご叱責はお許し下さい。

バーテンダースクール・FIZZについて

バーテンダースクール・FIZZ教材内容

バーテンダースクール・FIZZ教材購入

バーテンダースクール・FIZZ関連サイト

バーテンダースクール・FIZZその他

バーテンダースクールFIZZは、「W3C」準拠・世界標準Webサイトです。

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!