バー開業教材は、たっぷり、18時間の動画で、バー開業レベルまで、自宅で学べます。

教材の全体像を
最初にご覧下さい

姉妹サイト「老舗BARのバーテンダー講座」では、より無料講座も充実!

バーテンダーやカクテルの講座が充実した「老舗BARのバー開業とバーテンダー講座」をご覧下さい→

「バーテンダースクールFIZZ」教材に関する、ブログ記事から抜粋

バーテンダースクールFIZZの教材「バー開業バイブル」とは?

バー開業バイブル・上級編「第47章・第2節」のブログ記事をどうぞ。

第47章 プロへの道・第3弾、カクテルレシピの意味・総集編

第2節 「カクテル・レシピ」ファイルの説明編

前回もお話しましたが、この章は、最もお伝えしたい部分です。この章を理解して頂くために、これまでのDVD9枚=全ての章があったといっても過言ではありません。

そして、この節では、実際のカクテルレシピを見ながら、解説していきます。
ここで、しっかりと理解して頂ければ、これから、カクテルレシピの暗記などで、悩まれること自体が、ナンセンスとなります。

これまでも、何度も、さまざまなところで申し上げてきましたが、カクテルレシピが、あまりにも、重要であるかのごとく、独り歩きをしているのが、おかしい事でして・・・

カクテル名と、カクテルレシピの暗記が、全く必要ない!とまでは、言いませんし、それでは、カクテル自体の存在意義がなくなってしまいます。

それを踏まえた上で、カクテル名や、カクテルレシピの暗記をしているだけでは、全く意味がない!ということを、お伝えしたいのです。

私自身、若かりし頃に、少ないですが、500ぐらいは、完璧に、レシピを暗記した事があります。ですから、無駄とは、思いませんし、少しは、必要だと思っています。

しかし、無駄にはなりませんが、それだけでは、全く上達しません。

こうした部分を、きちんと教える事が、後世の日本のバーのために重要だと、私は思っています。

少し話が、脱線していきますが、日本は、感性の部分で、かなり諸外国と違うと私は思っています。そして、日本には、日本独自の文化があり、日本独自のカクテルの世界があっていいと、思うのです。

誤解のないように申し上げますが、日本以外の諸外国を否定するものではありません。それぞれの国で、素敵な文化があり、素晴らしい要素が、たくさんあるはずです。

ただ、その国の個性を生かした発展を遂げていくのが、本来あるべき姿だと思うのです。ですから、世界標準のカクテル、日本独自のカクテル基準、それぞれあっていいと思うのです。

単なる日本でできたカクテルレシピという意味ではありません。日本人にあうカクテルと、その作り方を、レシピの意味を理解して、業界全体で、発展させていければいいな~と、思っているのです。

そこに、ほんの少し、役立つ事ができれば!そんな思いを込めて、解説にも、力が入っている章です。

バーテンダースクール・FIZZについて

バーテンダースクール・FIZZ教材内容

バーテンダースクール・FIZZ教材購入

バーテンダースクール・FIZZ関連サイト

バーテンダースクール・FIZZその他

バーテンダースクールFIZZは、「W3C」準拠・世界標準Webサイトです。

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!