バーテンダースクールFIZZの「老舗BAR教材」DVDの動画を、数箇所、画像にして掲載

バーテンダー動画セミナー3日間動画で学ぶ、間違いだらけのカクテル作りプロも知らない技も満載。たった3回の動画で、本物のレシピ攻略法、ワンランク上のカクテル作り、ダメなバーテンダーが分かります。今すぐ、メルマガ登録へ

2回目以降の方は、全国普及した人気NO,1教材の全体像へ他にないバー開業を目指す方へどこでも学べるレベルでいいなら、他のスクールへどうぞ。50年の間に教える人がいなくなった知識・技術と、独自ノウハウを伝授する24巻教材はコチラ

「バーテンダースクールFIZZ」教材に関する、ブログ記事から抜粋

バーテンダースクールFIZZの教材「バー開業バイブル」とは?

バー開業バイブル・初級編「第13章・第1節」のブログ記事をどうぞ。

第13章 アルコール度数について

第1節 アルコール度数の計算方法

アルコール度数が、どの程度のカクテルであるか?
これは、ある程度、把握できた方がいいですよね。

バーであれば、お客様が求められる
アルコール度数のカクテルを提供しなければなりません。

例えば、水割りぐらいのアルコール度数のものか
それとも、その倍ぐらい、アルコール度数のきついものがいいのか?
あるいは、ビールよりも、軽い度数のものがいいのか?
さまざまなカクテルを作るのに、
こうしたアルコール度数を基準に提供する技術は
絶対に、必要なものです。

また、ご家庭で召し上がったり、
バーで、さまざまなカクテルを召し上がるときに、
どの程度のアルコール度数のカクテルであるのか?
理解していれば、自分の許容量を考え、
カクテルを、存分に、楽しむ事ができます。

やはり、ある程度、大人になれば
酩酊するほど、アルコールを召し上がるのも
どうかと思いますので、
分別のある、カクテルの飲み方を把握するためには
アルコール度数の計算方法ぐらいは、
理解していた方がいいはずです。



また、さまざまな書籍に、
アルコール度数が掲載されているものもありますが
これが、実に、いい加減なものが多く、
びっくりしてしまいます。

おそらく、あるカクテルの書籍を参考に
それに記載してあったアルコール度数を
そのまま書き写して制作したのでは?
と思われる書籍が、非常にたくさんあります。

このところ、
書籍に掲載してあるカクテル・レシピを
あまり注意深く見ていませんので
現時点で販売されている書籍が、
どうなっているのか?分かりませんが

この教材を作成した当時、
計算において重要な部分が欠落している事と
その部分を考えなくても、どう考えてもおかしい記載が
本当に、たくさんありました。

最近、私が、カクテルレシピの書籍を見なくなったのは、
ここ数カ月が、そうだというわけではなく、
レシピそのものを見ることに、あまり意味がないので
私自身が、注目していないという意味で
見ていないというだけです。

もちろん、カクテルに関しては、
職業病ですから、さまざまな関連書籍に
目をとおすようにしています。

アルコール度数の計算方法を身につけましょう。

バーテンダースクール・FIZZについて

バーテンダースクール・FIZZ教材内容

バーテンダースクール・FIZZ教材購入

バーテンダースクール・FIZZ関連サイト

バーテンダースクール・FIZZその他