バーテンダースクールFIZZの「老舗BAR教材」DVDの動画を、数箇所、画像にして掲載

バーテンダー動画セミナー3日間動画で学ぶ、間違いだらけのカクテル作りプロも知らない技も満載。たった3回の動画で、本物のレシピ攻略法、ワンランク上のカクテル作り、ダメなバーテンダーが分かります。今すぐ、メルマガ登録へ

2回目以降の方は、全国普及した人気NO,1教材の全体像へ他にないバー開業を目指す方へどこでも学べるレベルでいいなら、他のスクールへどうぞ。50年の間に教える人がいなくなった知識・技術と、独自ノウハウを伝授する24巻教材はコチラ

「バーテンダースクールFIZZ」教材に関する、ブログ記事から抜粋

バーテンダースクールFIZZの教材「バー開業バイブル」とは?

バー開業バイブル・初級編「第16章・第4節」のブログ記事をどうぞ。

第16章 ラム・ベースのカクテル

第4節 レシピの意味と、このカクテルの応用

カクテルレシピの意味については、
すでに、この章の第2節でも、若干説明していますが
あらためて、この節で、わかりやすく解説しています。

そして、それを踏まえたうえで、
他のカクテルレシピでは、どのように応用していくべきか
その方法についても、いくつかのカクテルを取り上げ
解説しています。

解説書に記載してある「カクテル・レシピの簡易表」をご覧頂ければ
すぐに、いくつかのカクテルが作れるはずです。
また、カクテル・レシピを覚える!というよりも
どのように理解していくかのほうが大切であるという事も
この節で、ご理解頂けると思います。


何度か、申し上げていますので、
繰り返しになりますが、
どういうわけか?

カクテルレシピを覚えこむ事や、
カクテル名を覚えている事が、
優秀なバーテンダーであるかのような誤解があります。

もちろん、ある程度、覚える事も必要ですし、
カクテルレシピを、覚えている事自体は
努力の結果ですから、悪いとはいいませんが、
本来は、カクテルの作り方が上達し、
カクテルの味自体が、美味しくなる事の方が
重要であるにもかかわらず、
カクテルレシピの、独り歩きがまかり通っています。

本末転倒しないよう、是非、ここで、理解して頂きたいのです。

バーテンダースクール・FIZZについて

バーテンダースクール・FIZZ教材内容

バーテンダースクール・FIZZ教材購入

バーテンダースクール・FIZZ関連サイト

バーテンダースクール・FIZZその他