バーテンダースクールFIZZの「老舗BAR教材」DVDの動画を、数箇所、画像にして掲載

バーテンダー動画セミナー3日間動画で学ぶ、間違いだらけのカクテル作りプロも知らない技も満載。たった3回の動画で、本物のレシピ攻略法、ワンランク上のカクテル作り、ダメなバーテンダーが分かります。今すぐ、メルマガ登録へ

2回目以降の方は、全国普及した人気NO,1教材の全体像へ他にないバー開業を目指す方へどこでも学べるレベルでいいなら、他のスクールへどうぞ。50年の間に教える人がいなくなった知識・技術と、独自ノウハウを伝授する24巻教材はコチラ

「バーテンダースクールFIZZ」教材に関する、ブログ記事から抜粋

バーテンダースクールFIZZの教材「バー開業バイブル」とは?

バー開業バイブル・中級編「第28章・第2節」のブログ記事をどうぞ。

第28章 テキーラ・ベースのカクテル

第2節 たくさんの材料を使うカクテル

ここで紹介しているカクテルは、
特に、テキーラ・ベースというわけではありません。
ただ、その味わいに、大きく関係してくるので、
テキーラのところで取り上げました。

実に、多くの材料を使用して、作りますし、
これもまた、バーテンダーによって、作り方に主張が出てくるものです。

また、バーによっても、
さまざまなタイプのものが提供されています。
このカクテルの簡略版!
というより、すでに、別のカクテルとしか思えないレシピで
提供されているバーも、珍しくありません。

それは、それで、飲みやすくしてありますので、
お客様には、好評の場合もあるはずですので、
良いのではないかと思います。

私は、オーセンティック・バーも、
言い方は悪いですが、ナンチャってバーも
どちらも、飲み込める!それはそれで、
評価すべきものだと考えているタイプです。

ですから、このカクテルの作り方で、
邪道と呼ばれる作り方の方法についても
ここで、解説しています。

ご自分が、開業される、あるいは、
勤めていらっしゃるバーのコンセプトに応じて
カクテルの作り方を、変えるのは、当たり前の事でしょう。

使用しているお酒の種類が同じでも、
分量が違えば、カクテル名が変わります。
しかし、その事を理解した上で、お客様目線で考えた場合に、
分量を変えて、お客様の喜ばれるカクテルを
提供すべきだと思うからです。

そのお客様が、カクテル名で頼まれた場合に、
どういう分量で作るか
さまざまな視点で、お客様の嗜好や体調など、
観察した上で、カクテルを作る必要があるのです。

バーテンダースクール・FIZZについて

バーテンダースクール・FIZZ教材内容

バーテンダースクール・FIZZ教材購入

バーテンダースクール・FIZZ関連サイト

バーテンダースクール・FIZZその他