バーテンダースクールFIZZの「老舗BAR教材」DVDの動画を、数箇所、画像にして掲載

バーテンダー動画セミナー3日間動画で学ぶ、間違いだらけのカクテル作りプロも知らない技も満載。たった3回の動画で、本物のレシピ攻略法、ワンランク上のカクテル作り、ダメなバーテンダーが分かります。今すぐ、メルマガ登録へ

2回目以降の方は、全国普及した人気NO,1教材の全体像へ他にないバー開業を目指す方へどこでも学べるレベルでいいなら、他のスクールへどうぞ。50年の間に教える人がいなくなった知識・技術と、独自ノウハウを伝授する24巻教材はコチラ

「バーテンダースクールFIZZ」教材に関する、ブログ記事から抜粋

バーテンダースクールFIZZの教材「バー開業バイブル」とは?

バー開業バイブル・中級編「第37章・第3節」のブログ記事をどうぞ。

第37章 「ワイン」について

第3節 「ワイン」の品種と産地

さて、ブドウの品種や、ワインの産地の基礎を解説しています。せめて、これぐらいは、押さえておくべきポイント!というところです。

ワイン・バーを開業するのであれば、このレベルでは無理です。数千種類のワインを、全て試飲し、明確に分類できるレベルとは言いませんが、ソムリエになるのであれば、それなりに、専門的に学習する必要があります。

ただ、バーを経営するのでも、せめて、基礎は知っておく必要があります。

最近は、素人の方でも、かなり専門的な知識を持っていらっしゃる方も多く、特に、ワインに関しては、その傾向が高いように思います。

日々、さまざまなお酒を提供する側のバーと、ワインだけを、連日、飲み比べていらっしゃるマニアな方とでは、必然的に、試飲した分量では、かなわない場合もあります。

それでも、きちんと対応できる知識は、持っておくべきでしょう。そうでないなら、最初から、扱わない!と決めるのも、一つの手段であるように思います。あるいは、取り扱うワインを限定するべきでしょう。

お客様が、その店に求めているものは何なのか?
そのバーの特徴は何なのか?
全ての方の需要に応えるバーなど、不可能です。

自分の創造する空間に必要なお酒は、何なのか?それを、明確に決める事が必要でしょう。

但し、時代変化に応じて、先読みしながら、かじ取りをしていく事も必要です。その時に、時代変化に対応できる、知識・技術が必要なのは、言うまでもありません。

バーテンダースクール・FIZZについて

バーテンダースクール・FIZZ教材内容

バーテンダースクール・FIZZ教材購入

バーテンダースクール・FIZZ関連サイト

バーテンダースクール・FIZZその他