バーテンダースクールFIZZの「老舗BAR教材」DVDの動画を、数箇所、画像にして掲載

バーテンダー動画セミナー3日間動画で学ぶ、間違いだらけのカクテル作りプロも知らない技も満載。たった3回の動画で、本物のレシピ攻略法、ワンランク上のカクテル作り、ダメなバーテンダーが分かります。今すぐ、メルマガ登録へ

2回目以降の方は、全国普及した人気NO,1教材の全体像へ他にないバー開業を目指す方へどこでも学べるレベルでいいなら、他のスクールへどうぞ。50年の間に教える人がいなくなった知識・技術と、独自ノウハウを伝授する24巻教材はコチラ

「バーテンダースクールFIZZ」教材に関する、ブログ記事から抜粋

バーテンダースクールFIZZの教材「バー開業バイブル」とは?

バー開業バイブル・初級編「第6章・第1節」のブログ記事をどうぞ。

第6章 お洒落で、きれいな「オレンジ・リキュール」

第1節 ブルーのオレンジ・リキュール!

オレンジ・リキュール、色のついたものがあるんです。

この「ブルー・キュラソー」

まさか、オレンジのリキュールとは、思われないですよね。
オレンジの風味がするわけではないですし・・・

そして、オレンジのリキュールなら
名称も、オレンジリキュールでいいはずなのに、
なぜか、「キュラソー」・・・

この名称の件は、また、別の節で、じっくりと解説しています。
その節で、解説を聞いて頂ければ、
オレンジの名称や銘柄に関する、さまざまな疑問がすっきりします。

専門分野では、本当に、分かりにくい言葉が多いと思います。
カクテルやバーに限らず、さまざまな分野で・・・
ついつい、プロ意識が、そうさせるのか?
それとも、個性を強調したがるせいなのか?

ただ、パソコン全盛時代の今、
それを覚えている事だけでは、意味がないのは明らかでしょう。

知識・技術は必要です。
ただ、それを、どのように扱うか?によって、
結果は違ってくるのは、当たり前ですね。

ですから、本やネット上のサイトから得た知識で
カクテルを美味しく作ろうと思うこと自体、無理なのです。
文字だけで、学ぶ事には、限界がありますし、
人間は、五感で、さまざまな事を吸収するわけですから。

ですから、弊店の教材で学ばれる方にも、
ただ、DVDを見るだけではなく、
自分で作ってみること、バーに飲みに行って味を比較する事など
さまざまな努力をして頂きたいと思います。

そして、そうした経験をすればするほど、
手前味噌な話ですが、弊店教材の価値が分かるはずです。
(あくまで、私個人の意見です。)

そして、あなただけの個性をもったカクテルが作れるようになるのです。

バーテンダースクール・FIZZについて

バーテンダースクール・FIZZ教材内容

バーテンダースクール・FIZZ教材購入

バーテンダースクール・FIZZ関連サイト

バーテンダースクール・FIZZその他