バーテンダースクールFIZZの「老舗BAR教材」DVDの動画を、数箇所、画像にして掲載

バーテンダー動画セミナー3日間動画で学ぶ、間違いだらけのカクテル作りプロも知らない技も満載。たった3回の動画で、本物のレシピ攻略法、ワンランク上のカクテル作り、ダメなバーテンダーが分かります。今すぐ、メルマガ登録へ

2回目以降の方は、全国普及した人気NO,1教材の全体像へ他にないバー開業を目指す方へどこでも学べるレベルでいいなら、他のスクールへどうぞ。50年の間に教える人がいなくなった知識・技術と、独自ノウハウを伝授する24巻教材はコチラ

「バーテンダースクールFIZZ」教材に関する、ブログ記事から抜粋

バーテンダースクールFIZZの教材「バー開業バイブル」とは?

バー開業バイブル・初級編「第7章・第2節」のブログ記事をどうぞ。

第7章 「レシピ」について

第2節 レシピの読み方で、つまずくな!

ここでは、カクテルレシピの表記の読み方を解説しています。

ml とか、分数表記が出てきた時点で
拒否反応をおこす方もあるかもしれませんが、大丈夫。

難しいものでは、ありませんし、
もしかしたら、レシピの分量表記を読めなくても
あなたには、天性の分量配分の能力があるかもしれません??

目指すのは、美味しいカクテルを作る事。
ですから、レシピの表記の記号や、
分量の表記の、さまざまな単位などを解説した本で
それを理解しなくても、問題ありません。

ただ、どのような表記がしてあるのか?
最低限、一応、1度ぐらいは聞いておいた方が
いいと思う事を、お話しています。

要するに、作ったカクテルの分量が
そのカクテルを注ぐグラスの分量にあえばいいだけ。

実に、シンプルで、簡単な事です。


それから、ちょっと余談ですが・・・

たまに、カクテルグラスに、ぴったり、
ギリギリまで、注いで、その分量の合わせ方を絶賛する場合が
あったりしますが、どうなんでしょう?

それって、グラスになみなみと注がれたものを
口まで運んで飲むときに、こぼしてしまいそうですよね。

お客様のことを考えたら、私は、ナンセンスだと思いますし
実際、分量を合わせればいいだけの事ですから
誰でもできる技術で、パフォーマンスの価値もないことです。

それから、5つぐらいのカクテルグラスに
分量ぴったりに注ぐのも、別段、大した技術ではありません。
もともと、5つ分の分量を入れているわけですから・・・

話が、また、いつものようにそれてしまいましたが、
カクテルレシピの分量表記で、一応、知っておいた方がいいことを
ここでは、解説しています。

理屈を理解すれば、例え、それが、
さまざまな外国語で書いてあったとしても、
その表記記号が分からなくても、読み取れるようになります。

美味しいカクテルを作ることが目的で
表記を正確に読み取る解説者になるのが目的ではありません。

それを目的にされているのであれば、別ですが・・・

本質を理解することを忘れないようにしましょう。

バーテンダースクール・FIZZについて

バーテンダースクール・FIZZ教材内容

バーテンダースクール・FIZZ教材購入

バーテンダースクール・FIZZ関連サイト

バーテンダースクール・FIZZその他